東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子ドットラボ Quantum Dot Laboratory

株式会社QDレーザ

協働研究機関責任者
菅原 充 代表取締役社長
研究拠点研究者等
武政 敬三 執行役員レーザデバイス事業部長

本研究拠点における研究内容

量子ドットを技術基盤としたレーザ・増幅器等の光デバイスの実用化技術開発

協働研究機関について

株式会社QDレーザは、量子ドットレーザと量子ドット光増幅器の実用化を目指し、富士通株式会社、三井物産株式会社の両ベンチャーキャピタルの出資によって設立されました。これを用いた量子ドットレーザは、高い温度安定性・低消費電力・長距離伝送・高速などの点で従来の半導体レーザを凌駕する特性を持った画期的なレーザです。また、高温動作・優れた反射戻り光耐性によりシリコンフォトニクス用に最適な光源として期待されております。