東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子ドットラボ Quantum Dot Laboratory

日本電気株式会社

協働研究機関責任者
江村 克己 取締役 執行役員常務 兼 CTO
研究拠点研究者等
萬 伸一 システムプラットフォーム研究所 主席技術主幹
白根 昌之 システムプラットフォーム研究所 研究部長
眞子 隆志 システムプラットフォーム研究所 技術主幹
山本 剛 システムプラットフォーム研究所 主幹研究員
遠藤 浩幸 システムプラットフォーム研究所 主任研究員
南部 芳弘 システムプラットフォーム研究所 主任研究員
五十嵐 悠一 システムプラットフォーム研究所 主任研究員
渋谷 明信 システムプラットフォーム研究所 主任研究員
各務 惣太 システムプラットフォーム研究所 主任
澁谷 泰蔵 システムプラットフォーム研究所 主任
橋本 真奈 システムプラットフォーム研究所 主任

本研究拠点における研究内容

量子情報素子技術,量子情報システム基盤技術開発
ナノデバイス技術

協働研究機関について

日本電気(株)は、量子情報技術の研究に、1990年代の終わりから取り組んでおり、これまで、量子コンピュータに向けた固体素子による量子ビット演算動作の実証、単一光子による量子暗号鍵配布の実証では世界をリードする研究を展開してきた。本拠点との連携でこれらを発展させ、新たな量子情報応用技術の開発を目指すが、ナノ量子情報エレクトロニクスを専門とする優秀な研究者、研究開発遂行に必要な半導体プロセス装置、クリーンルーム、さらには量子通信特性評価装置を保持しており、十分な研究ポテンシャルを有している。
 単一光子を用いた量子暗号通信の分野では、高感度光子検出器の開発、世界最長の150km伝送、量子暗号通信装置のフィールド実証試験等、世界トップレベルの実績を有する。これらの成果に対し、情報通信月間推進協議会情報通信サービス賞を受賞している。また量子コンピュータ実現に向けた固体量子ビット素子の開発でも世界をリードし、これまで2度にわたり仁科賞を受賞している。